物損事故で届けないこと

交通事故における示談は事故が起きてすぐから始まっていると認識すべきです。実際には話し合いなどはしていなくても、事故が起きてすぐの状態から示談は始まっていると考えて行動することが大切ということです。意外と多いのですが、事故に遭った直後には体に何の痛みもないため物損事故で届け出をしてしまうケースがあります。

特に痛いところもないし異常もないようだから物損事故にしておこう、と安易に考えてしまう方がいますが、これは大変危険なことです。物損事故として処理してしまうと後悔してしまうことになりますから覚えておきましょう。

まず、物損事故として届け出を出してしまった場合だと請求できる示談金の金額が大きく下がってしまうというデメリットがあります。人身事故よりも物損事故のほうが示談金は少なくなってしまいますから、たとえそのとき体が痛くなかったとしても基本は人身事故として届け出るべきでしょう。

また、物損事故で処理してしまうと実況見分調書を手に入れることができなくなってしまいます。実況見分調書は事故の内容を詳しく証明する書類ですから、これがないことには自分の言い分も通らなくなってしまいます。最悪不当な示談金を提示されることにもなりかねませんから注意が必要です。

関連記事:弁護士に相談する